‘ロールツーロール、Roll To Roll’ カテゴリーのアーカイブ

ダイコーターリップデザイン

2014年6月13日 金曜日

ダイデザインはざっと上げただけでも上記の通りあります。最近の塗工液は脱溶剤傾向にあるなか、水系、強酸性、高表面張力、チキソ性、導電性の塗工液が増えています。従い、塗工テストをしながら塗工液に合わせたダイデザインが必要になります。さらに再凝集し易い、沈殿し易い、平均粒子径が定まらない、溶媒の気化が早い等のいずれかの問題をかかえています。                                                      従来の大気解放塗工方式である、メイヤーバー、コンマ・ナイフ、小径グラビア、スクリーン、スピン、スプレイ等の方式ではうまく塗工出来ず、スリットダイコーター方式を頼りにテスト塗工に来られる方が増えています。                                        当然スリットダイ方式が万能であるはずがないわけで、塗工液の改善もお願いもしますが、 ダイコーター側も少しでも塗工し易いようなダイを塗工テスト結果をみながらデザインします。                                       上記ダイリップ図は小生が知る限りのデザインであり、世の中にはもっと変型なダイがあり、  My-Dieをお持ちの会社もあります。                                  果たして、貴社の新しい塗工液はどのダイリップに適合するのか今後の塗工技術蓄積及び 社内の技術継承の為確認しておくべきと思います。                             しかし、300,400,500mm幅のテストコーターですと、ダイヘッド相場価格幅100mm(100万円)とすると、いくらお金があっても間に合いません。                    当社のダイ幅は標準100mmなので、色々なデザインに変更、修正が可能で、結果もすぐに  わかリます。貴社専用の「My-Die」作りに是非ご協力させていただきたいと思います。   あと、2層同時塗工ダイですが、これは1層よりもさらに、液のレオロジーに影響にされ易く 、写真感光材での塗工文献しかありません。 今後まだ研究されねばならない面白い技術かと思います。

2号テスト機全体図

2014年3月11日 火曜日

2号テスト機全体図 卓上タイプを制御盤と一体化したものです。非常にCompactに仕上がっています。      上部に安全BOX、グローブボックスを備えることも可能です。    設計図

On-Rollテストコーター

2011年11月28日 月曜日

Roll-To-Rollコーター 今回のご案内はOn-Rollテストコーターです。 New卓上ダイコーターは平盤のみならず、 On-Rollにも対応出来ます。上図のように、One-Roll,Two-Rolls,Roll-To-Rollの3種類の機種があります。                                            One-Rollは塗工長さMax.1000mm、Two-Rollは3m,Roll-To-RollはWet塗工厚みにもよりますが、塗工長さ20~100mまで塗工可能です。 さらに、小生産したい場合は半自動給液装置によりいくらでも塗工が可能です。 そして、設備としてはOne-RollからRoll- To-Rollまで段階的にVersionn-Upが出来ます。                         乾燥機については、塗工液の内容、塗工量、ライン速度等により、乾燥方式乾燥ゾーン数、温度、風速等をシュミレーションにより設計します。