2011年11月 のアーカイブ

On-Rollテストコーター

2011年11月28日 月曜日

Roll-To-Rollコーター 今回のご案内はOn-Rollテストコーターです。 New卓上ダイコーターは平盤のみならず、 On-Rollにも対応出来ます。上図のように、One-Roll,Two-Rolls,Roll-To-Rollの3種類の機種があります。                                            One-Rollは塗工長さMax.1000mm、Two-Rollは3m,Roll-To-RollはWet塗工厚みにもよりますが、塗工長さ20~100mまで塗工可能です。 さらに、小生産したい場合は半自動給液装置によりいくらでも塗工が可能です。 そして、設備としてはOne-RollからRoll- To-Rollまで段階的にVersionn-Upが出来ます。                         乾燥機については、塗工液の内容、塗工量、ライン速度等により、乾燥方式乾燥ゾーン数、温度、風速等をシュミレーションにより設計します。

Wet-On-Wet塗工

2011年11月10日 木曜日

塗工技術の中には、基材と塗工液の相性から下塗り、本塗りと2回に分け塗工し、乾燥しなければならないものや、一方2層液の機能を必要とする製品また同じ液ながら、ピンホール、塗工平滑性を求める為同じ液をわざわざ2層に塗工するものがあります。                               テストコーターNew卓ダイとしては、その目的を達成する為に、もっとも簡易で安価なWet-On-Wet塗工方式を実施しました。上図のように、アプリケーターを定盤上の基材の上に乗せます。 定盤が移動した時アプリケーターが前のめりになったり、塗工液の粘度で浮上しないように、ストッパーの支点位置及び上固定しておきます。アプリケーターに1層目の液を左右万弁なく滴下し塗工開始させたら、スリットダイを1層塗工前の位置から塗工開始させます。そして、アプリケーターが塗工終了した手前で2層も塗工終了します。                                                    New卓ダイ標準機ですと、定盤サイズが280mm角ですので、アプリケーター幅、スリットダイスペースの関係で2層塗工部分は100mm長さしか取れませんので、もっと評価サンプル長さを取りたい場合は定盤を長くしてやる必要があります。                                  今回アプリケーターでご紹介いたしましたが、ブレードやメイヤーバーでも対応出来ます。        この2層塗工技術は1層と2層の境界膜を研究する大きな意味があります。