塗工液使用量最低4ccを達成

塗工液が高価なことから、最近製作したNew卓ダイ、塗工幅100mm
でのテスト結果から最少使用量4ccを達成することが出来た。
当社の液供給方式は貯液部Aに塗工液を充填し、十分エアー抜き
して押出用プランジャーで液を塗工するもので、このエアー抜き方法が
功を奏し4ccという少ない量でも塗工出来、最低5、6枚の塗工サンプル
が採取出来たことは実験経費の節減と環境負荷の低減に大いに貢献
するものであります。

plnger

コメントは受け付けていません。